書籍「あいうた」と、上間綾乃さんが歌う「あいうた」との関連秘話など全てを語るサイト

二つの「あいうた」のリアクション

 

 

それぞれの親への思い

 

 

「親と子の感動の物語 あいうた」読者、
上間綾乃さんの唄う「あいうた」視聴者からのリアクション

 

 

多くの読者、視聴者が、ブログ、Facebook等のSNS上で感想を記事にして投稿しています。

 

 

これを見ていくと、

 

 

「感動して涙が止まらなかった」

 

 

というコメントと共に、それぞれの親への思いが綴られています。

 

 

 

親が存命の人は、親のことを考えさせられ、親不孝を反省し、
親孝行をしなくちゃいけないと思った。

 

との類いのコメントが多く、

 

 

親が他界している人は、親の愛がどれほど大きく、尊いものだったのかを
亡くして初めて気付き、親孝行しておけば良かったと後悔を残している。

 

とのコメントが多くのせられています。

 

 

 

これらのコメントを見ると、親孝行とはやはり

 

 

「しようと思ってはいるのだが、できないうちに親が亡くなり、後悔の念にかられる。」

 

 

というものだという印象を受けます。

 

 

小さな親孝行はいくつかはしてきた。が、親を無くしてみると、
あれもできた。これもできた。

 

親にしてもらった事を考えたら、もっともっと親孝行をすべきだった。
との思いがわき上がってくるのでしょう。

 

 

まさに「親孝行 したい時には 親は無し」です。

 

 

 

なぜ親孝行はできないのか?

 

 

 

>親孝行 したい時には 親は無し

pagetop



 
このエントリーをはてなブックマークに追加