書籍「あいうた」と、上間綾乃さんが歌う「あいうた」との関連秘話など

「あいうた」誕生の軌跡

 

 

未曾有の大震災にみまわれた東北地方へ、
世界中から心のこもった応援、支援、が送られました。

 

 

その中の一つに、海中映像作家のyacoさんによる
復興応援映像企画がありました。

 

この映像企画から、上間綾乃さんの唄う「あいうた」
が生まれる事となるのです。

 

 

このyacoさんの映像企画の中に

 

「映像中にオリジナルの歌を盛り込む」

 

というコンセプトのコンテンツがありました。

 

 

この依頼を受けたソングライターの塚田雄一郎さんと制作チームは
1つの答えを導きだします。

 

 

「鎮魂歌」

 

 

既に著名なアーティスト達が、復興応援ソングを制作発表していましたが、
それは、「命を奪われずにすんだ被災者の方々へ向けての応援歌」
が大半を占めていました。

 

 

震災の1番の被害者は誰か? 

 

 

それは亡くなった方々。

 

 

それならば亡くなった被災者の方々へ、愛の祈りの鎮魂の歌を贈ろう。

 

 

「日本中の人々の想いを込めた鎮魂歌」を表現する手段として、
被災地から1番遠い日本、「沖縄」のエッセンスを入れよう。

 

 

こうして楽曲「あいうた」は生まれました。

 

 

そして「あいうた」は動き出します。

 

「あいうた」を聴き、心が動かされたサンクチュアリ出版の担当者が

 

 

「この曲をもとにした書籍を制作しましょう!」

 

「DVDもつけて楽曲も映像も届けましょう!」

 

 

サンクチュアリ出版担当者は、曲のコンセプトに基づき、
全国から「親と子の絆の愛の物語」を募集しました。

 

 

するとみんなの思いに呼応するかのように、
想像を遥かに超えた数のエピソードが寄せられました。

 

 

 

>上間綾乃さんとの出会い

 

「親と子の感動の物語 あいうた」

 

 

 

>サンクチュアリ出版の人気書籍紹介

pagetop



 
このエントリーをはてなブックマークに追加